占い師やカウンセラー特有の税金・税理士・確定申告・税務調査・節税問題などについて公認会計士・税理士小松由和がわかりやすく解説いたします。

セルフプロデュース

ショッピングモール内の占いブースや、占い師たちが集まる占いハウスなどで鑑定をする場合は、訪れた相談者が自分を選んでくれなければ鑑定することができません。選ばれるためには、独自の鑑定スタイルを確立し、他の占い師と差別化できるようにセルフプロデュースしていくことが必要となってきます。まずは外見や占術などで他の占い師との違いをアピールしなければ、実力を見せることもできません。数多くいる占い師の中で、自分を選んでもらうためにはどうしたらよいか、皆さん頭を悩ませていることでしょう。自分自身を客観的に分析できれば、強みを伸ばし、足りない部分は演出の力を借りることもできます。もし華やかさに欠けているなら、衣装やメイクで補うこともできるでしょう。若い占い師は経験が浅いと思われ、なんとなく軽く見られてしまうこともあります。そのような場合は、カチッとした服装を選んだり、きちんとした言葉づかいを勉強することが必要かもしれません。鑑定を行う場所によって、普段とイメージを変える必要が出てくることもあるでしょう。

 

占術によっては、手の印象も大切です。タロットカードなどを使う場合は、定期的にネイルサロンへ通い、指先を美しく演出している方も多いでしょう。相談者たちは、占い師がどんなカードを選ぶのか、ドキドキしながら手の動きを見ています。爪が割れていたり、ささくれがある手では、興ざめしてしまうでしょう。さらに、手相を見る場合などは、相談者の手に直接触れるので、相手に不快感を与えないようにしなければなりません。服装やアクセサリーを選ぶのと同じぐらい、ハンドケアも重要な演出といえるのではないでしょうか。

 

イベントやテレビ出演の際には、チャイナドレスやジプシー風の衣装などを着て、場を盛り上げる役割を担うこともあります。独自の鑑定スタイルを大切にしつつも、場の雰囲気に合わせた演出ができる占い師は、イベントやテレビ番組に呼ばれる回数も増えていくでしょう。占い師が一般人や芸能人を鑑定し、恋愛や仕事についてズバズバとアドバイスをしていく番組が各局で放送されています。どの番組でも、起用されている占い師は、皆さんとても個性的です。番組が盛り上がるかどうかは、占い師の実力と個性にかかっているといえるでしょう。女性の場合は、テレビ映りも気になるところではないでしょうか。ハイビジョンカメラによるアップにも耐えられる仕上がりになるように、ハイビジョン対応のファンデーションなどもあるようです。人前に出る機会が多くなれば、メイクやファッションに関する情報収集も重要な仕事となってきます。集めた情報を活用し、自分を上手にプロデュースしていける方は、活躍の場を広げていくことができるのでしょう。