占い師やカウンセラー特有の税金・税理士・確定申告・税務調査・節税問題などについて公認会計士・税理士小松由和がわかりやすく解説いたします。

占い師やカウンセラーの流行研究

 

若者の恋愛傾向やメイクの流行を知ることなども、占い師としての仕事の一部といえるのではないでしょうか。女性誌やテレビ番組では、人相学とメイクを絡めた特集なども多くなりました。流行の色や眉の形などを知っておかなければ、適切なアドバイスはできないでしょう。象意を読み解く際に、今の情勢に合った言葉を導きだすためにも、新しい情報も入手しておかなければなりません。例えば、若い人に適職をアドバイスする場合は、新しい職業に関する知識がなければ、話がかみ合わないかもしれません。相談者は、時代の流れに合ったアドバイスを期待しています。「当たる占い師」と言われている方々は、雑誌やテレビ番組、インターネットなどから、様々な分野の最新情報を入手していることでしょう。

 

相談者からの信頼を得るためには、説得力を増すための研究も必要です。特に、「気学」の経験談などは、豊富なほうがよいでしょう。「気学」では、引っ越しや転職、旅行の際に、自分にとっての吉方位へ移動すると、物事がスムーズに運び、開運できると言われています。年盤、月盤、日盤のすべてが吉方位である日に移動できればよいですが、相談者のスケジュールがうまくあわないことも多いでしょう。特に、日帰りや1~2泊の旅行は、年盤、月盤、日盤のどれを優先させるかが、占い師によって意見がわかれる部分でもあります。さらに、吉方位へ行った効果はいつ頃から出始め、いつ頃まで続くのかというのも、占い師によって解釈が違うようです。そんなとき、ほかの相談者の実例を挙げるだけでなく、自分の経験談をより多く聞かせることができれば、相談者も信じてみようという気持ちになりやすいのではないでしょうか。

 

最近は、パワースポットを訪れる人が多くなりました。鑑定中に、パワースポットの話題が出ることも増えたのではないでしょうか。説得力のある話をするためには、やはり、自分自身でいろいろな場所へ行ってみることが必要です。神社・仏閣はメディアでもよく取り上げられるので、人の多さや並ぶことに、ウンザリしている人も多いでしょう。ご利益を求めて多くの人が訪れるようになったある神社では、参拝者たちが御神木の根っこを踏んでしまうため、木が目に見えて弱ってきているそうです。自分のことばかり考えて木を弱らせてしまうような人に、ご利益があるとは思えませんが、残念ながらそのような参拝者がたくさんいます。パワースポットとして紹介されている場所は、レイラインや神話と符合していることが多く、そのような背景を知っていれば、人気ラーメン店へ行くような軽い気持ちでは訪れないでしょう。パワースポットを紹介するだけでなく、歴史的背景や訪れる際のマナーなどをきちんと教えることも、占い師の役目なのかもしれません。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 占い師やカウンセラーの流行研究

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://komatsu.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/562

コメントする